"/>

『藤壺の宮(藤壺中宮)/源氏物語』ーどんな人だった?【5分で総まとめ!】

更新日:

 

今回は『藤壺(ふじつぼ)の宮(藤壺中宮)/源氏物語』として、

1、【藤壺の宮(藤壺中宮)】ってどんな人?

2、【藤壺】と【光源氏】の関係は?

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

ad

『藤壺の宮(藤壺中宮)/源氏物語』ーどんな人だった?【5分まとめ】

 

【藤壺の宮(藤壺中宮)】ってどんな人?

 

まずは『【藤壺の宮(藤壺中宮)】ってどんな人?』から。

 

簡単に「藤壺」の人柄をまとめると、

「藤壺」まとめ
家系は? 先帝(前の天皇)の第4皇女(4番目の女子)
年齢は? 6歳(登場)~37歳(死去)
性格は? 優しい・母性的・マジメ
容姿は? 美しい・源氏の実母「桐壺の更衣(きりつぼのこうい)」にそっくり
夫は? 桐壺帝(きりつぼてい;天皇
(実の)子供は? 冷泉帝(れいぜいてい;源氏との子供
源氏との関係は? 義理の息子;不倫相手

 

「藤壺」をひとことで表現すると、

超キレイで優しい、男子憧れの女性

です。

 

とくに「源氏物語」の中では

包容力のあるしっかりした女性

として描かれていて、まさに完璧な女性といったイメージでしょう。

 

しかし、その一方で、

義理の息子である「源氏」と男女の関係

になってしまい、あげくに

「源氏」との子供(冷泉帝:のちの天皇)まで身ごもって

しまいます。

 

これだけ聞くと

”なんてだらしない女性なんだろう…”

と思ってしまいそうですが、

「藤壺」と「源氏」が関係を持ってしまうのは、「源氏」の計算高い ”策略” が原因

で、

今でいう ”強姦” のような形で「源氏」に犯された

というのが事実です。

 

実際に、

「藤壺」は「源氏」を何度もはっきりと断っている

うえ、

「源氏」との子供のことで、「藤壺」は一生後悔&自責し続け

ています。

 ただし、「藤壺」も「源氏」に好意は持っていました(かなり愛していたと考えられます)

 

それでは「藤壺」について理解を深めるためにも、さっそく「藤壺」と「源氏」の関係についてみていきましょう!

 

 

以上、「【藤壺の宮(藤壺中宮)】ってどんな人?」でした。

スポンサーリンク

ad

【藤壺の宮(藤壺中宮)】と【光源氏】の関係は?

 

続いては『【藤壺の宮(藤壺中宮)】と【光源氏】の関係は?』です。

 

まずは簡単に2人の関係をまとめておきます。

 

【藤壺の宮(藤壺中宮)】と【光源氏】の関係
出逢いは? 「桐壺帝(源氏の父)」と「藤壺」が結婚したとき。(「藤壺」16歳、「源氏」11歳)
初めて男女の仲になったのは? 不明第2話の「輝く日の宮」が削除されているため
2度目は? 「藤壺」23歳、「源氏」16歳のとき
どうやって? 「源氏」が「藤壺」の王命婦(おうみょうぶ;お世話係のような人)を味方にし、寝室のカギを開けさせて
「藤壺」の対応は? 嫌だと言いながらも抵抗はせず。しかし、子供が生まれてからは全力で拒絶し関係をもつことはなくなった
「源氏」は? 「藤壺」と結ばれないことは理解している。「藤壺」に拒絶されるようになってからは、彼女の面影を求め多くの女性と関係をもっている。

2人の子供は? 「冷泉帝」であり、のちの天皇となる。世間的には父親は先帝の「桐壺帝」であるが、母「藤壺」が亡くなったときに実の父が「源氏」であったと知り思い苦悩する
「桐壺帝」は2人の不倫を知っていた? 不明だが、知っていた可能性が高いと考えられる(「桐壺帝」は「源氏」に ”私は1度だけ罪を犯した” と話している。”罪” = ”「源氏」と「桐壺」の関係を気づくのに遅れ、黙認していたこと” と考えるのが合理的で、「桐壺帝」は「桐壺」を亡き「源氏」の母「桐壺の更衣」の代わりとしてみていたことに罪悪感を持っていたため、「桐壺」を責めない ”黙認” を選んだのでは?)

「源氏」から「藤壺」への恋歌は?

「源氏」と「藤壺」が結ばれたときの恋歌 ↓

『見てもまた 逢ふ夜まれなる 夢のうちに やがて紛るる 我が身ともがな』

⇒ もう一度逢う(結ばれる)ことがないのなら、いっそこのまま夢と一緒に消えてしまいたい

「源氏」が「藤壺」の死を嘆いて詠んだ歌 ↓

『入日さす 峰にたなびく 薄雲は もの思ふ袖に 色やまがえる』

⇒ 夕暮れの峰にかかる薄雲が、悲しみに暮れる私の喪服と同じ色だ

 

 

以上、「【藤壺】と【源氏】の関係」について簡単にまとめました。

 

「源氏」と関係を持った女性は

基本的に全員幸せにはならない

のですが、

最も不幸になったのはおそらく「藤壺」

でしょう(怨霊にまでなった六条御息所といい勝負でしょうか?)。

 

「藤壺」は

夫の「桐壺帝」を深く愛したいた

一方で、

確かに「源氏」にも惹かれていた

ため、

「源氏」の強引さに負け、子供まで授かって

しまい、

死ぬまで自分を責め続けて生きて

いきます。

 

ただし、ずっと嘆いていたわけではなく、

「子供」の将来を考え、一生世間に嘘をつき続ける(夫との子だと言い張る)

といういばらの道を選んでいます。

 

決意を固めてからは本当に強い女性となり、「源氏」をめちゃくちゃ強く拒絶できるようになっています。

 

 

「藤壺」に関してはもっと語りたいことがあるのですが、あまり長くなっても読者の方に読んでもらえそうにないので、今回はこの辺にしておきましょう。

このくらいの長さで、ほかのキャラクターについてもまとめていきたいと思います。

 

以上、『藤壺の宮(藤壺中宮)/源氏物語ーどんな人だった?【5分まとめ】』でした!

 

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

ad

ad

-源氏物語
-あらすじ, 名作, 源氏物語, 要約

Copyright© 読書のお時間(HOME) , 2018 AllRights Reserved.