"/>

『花散里/源氏物語』ーどんな人・性格だった?【3分で総まとめ!】

更新日:

 

今回は『花散里(はなちるさと)/源氏物語』として、

1、【花散里】ってどんな人・性格?

2、【花散里】と【光源氏】の関係は?

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

ad

花散里/源氏物語/どんな人・性格だった?【3分まとめ】

 

【花散里】ってどんな人・性格?

 

まずは『【花散里】ってどんな人・性格?』から。

 

簡単に「花散里」の人柄をまとめると、

「花散里」まとめ
家系は? 「桐壺帝(源氏の父)」の妻の妹
年齢は? ?歳(年齢不詳;「源氏」と同世代ではある)
性格は? おしとやか・優しい・心が和む・頼りになる
容姿は? 地味だが美しい
夫は? 源氏
(実の)子供は? いない
源氏との関係は?

 

「花散里」をひとことで表現すると、

やさしい聖母のような女性

です。

 

「花散里」は

「源氏」が最も信頼を寄せた女性

であり、

「源氏」最大の親友

でもありました。

 

「源氏物語」において、「花散里」の

ドラマチックな話は描かれていない

ので、

地味なキャラ

と認識されがちですが、

1、「源氏」の恋の疲れを癒す

2、「源氏」の相談に乗る

3、「源氏」の長男(夕霧)の教育係となる

4、「源氏」の他の妻からも頼られる

など、

「源氏物語」を裏で支えるお姉さん(母親?)

といったイメージですね。

 

「源氏」自身も、

気がつけば一緒にいたいと感じる

ほどに、

「花散里」はいて当たり前の存在

であり、また

いなくてはならない存在

となっていました。

 

ではもう少し「花散里」について理解を深めるためにも、「花散里」と「源氏」の関係について深くみていきましょう!

以上、「【花散里】ってどんな人・性格?」でした。

スポンサーリンク

ad

【花散里】と【光源氏】の関係は?

 

続いては『【花散里】と【光源氏】の関係は?』です。

 

まずは簡単に2人の関係をまとめておきます。

 

【花散里】と【光源氏】の関係
出逢いは? 「源氏」25歳のとき
「花散里」にとっての「源氏」は? 一緒にいられるだけでうれしい存在
「源氏」にとっての「花散里」は? 頼りになって一緒にいても疲れない存在
「花散里」が教育係となったのは? 「夕霧(ゆうぎり)」、その娘「三の君」、「玉鬘(たまかずら)」など

 

「花散里」と「源氏」の出逢いに

”ドラマチックな展開” も ”恋の駆け引き” もありません。

 

ただ「源氏」は

恋と仕事で疲れた心を癒すように

自然と「花散里」のもとに通うようになっていきました。

 

「源氏」25歳と言えば、まさに

「恋」も「仕事」も問題だらけのとき

です。

 

「源氏」が22~25歳までの間に、

 愛人「六条御息所」 VS 正妻「葵の上」 による祭りでの争い

 「葵の上」が長男「夕霧」を出産するが、「六条御息所」に呪い殺される

 父「桐壺帝」が死去

 義母「藤壺」が出家

 兄「朱雀帝」の妻(朧月夜)との不倫がバレれ大問題に

と、

激動の数年を送っているとき

に知り合ったのが

すべてを包み込んでくれる「花散里」

だったのです。

 

「源氏」が惹かれるのも無理はありませんよね。

 

「花散里」と「源氏」は

最初こそ男女の関係を何度も持っています

が、

晩年はただ一緒にいるだけのおしどり夫婦

になっていきます。

 

「源氏」の信頼は大変あつく、

 長男「夕霧」

 孫「三の君」

 養女「玉鬘

の世話を一手に任せるほどでした。

 

まさに「源氏」を裏から支えてくれた聖母といった感じですね。

 

以上、「【花散里】と【源氏】の関係」について簡単にまとめました。

これにて『花散里/源氏物語ーどんな人・性格だった?【3分まとめ】』は終わりです!

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

ad

ad

-源氏物語
-あらすじ, 名作, 源氏物語, 解説

Copyright© 読書のお時間(HOME) , 2018 AllRights Reserved.